教秀YouTube            教秀FaceBook            教秀ノート  

 蛤の ふたみに 別れ 行く秋ぞ

Hamagurino  Hutamini  Wakare YukuAkizo


はまぐりの ふたみにわかれ ゆくあきぞ


【教秀の意訳】


長くて苦しい旅もなんとか無事に終えることができました。蛤のふたから離れるのはつらいけど、新たに二見へと旅立ちます。またね。


奥の細道は、五ヶ月間かかった旅でした。でも、終わりは、はじまりと同じなんですよ。


8月21日(またはそれ以前)、芭蕉は、敦賀まで出迎えに来た路通を同道して大垣に入った。ただし、敦賀から大垣までどういうコースを辿ったかは今もって分かっていない。


I was able to finish a long, hard trip safely somehow. Though it is hard, it leaves for Futami newly to be separated from a cover of a clam. Again. 

The back narrow path was the trip that took five months. But an end is the same as an opening.

A traveling companion did an authority of paths where the (before it), the Basho came for a meeting to Tsuruga on August 21 and entered Oogaki. But I have what kind of course I traced from Tsuruga to Oogaki now and do not share it.


途中で挫折し、投げ出しそうになる危機が何度かありました。しかし、みなさんのあたたかいコメントのおかげで、目標を達成することができました。ありがとうございます。

I failed on the way, and there was the crisis that I gave up sometimes. However, thanks to warm comment of all of you, I was able to achieve an aim. Thank you.


 

俳聖  松尾芭蕉 46歳  『奥の細道』元禄2年 1689年 3~9月 教秀 書  

いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。
For that you have always seen my VTR, thanks.  

                                       Kyoushhu (Hideo Matumoto)