教秀ノート         教秀YouTube            教秀FaceBook

閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声

shizukasa ya  iwa ni shimi iru semi no koe

しずかさや いわにしみいる せみのこえ

 

【教秀意訳】なんという夕暮れ時の山寺の静けさだろう。遠くの西の山に太陽が沈もうとしている。眼下では蝉が鳴いている。まるで蝉の声が岩にしみこんでいくような勢いである。

 

In the tranquility, the temple dusk. Setting sun is illuminating in the Mountain West distant sun. Voice of the cicada only echoing in the mountains. It is a momentum like soak into the rock voice of the cicada like.

 

在寧靜的寺廟黃昏。夕陽照射在西部山區遙遠的太陽。蟬的聲音只迴盪在山中。這就像泡到像蟬的搖滾聲音勢頭。

 

En la tranquilidad, la penumbra del templo. Sol poniente está encendido en el sol lejano oeste de la montaña. Voz de la cigarra sólo haciendo eco en las montañas. Es un impulso como empapar en la voz de rock de la cigarra similares.

 

俳聖  松尾芭蕉 46歳  『奥の細道』元禄2年 1689年 3~9月 教秀 書  
いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。
For that you have always seen my VTR, thanks.  
                                       Kyoushhu (Hideo Matumoto)