行く春や 鳥啼き魚の 目は泪 
ゆくはるや とりなきうおの めはなみだ
 
【教秀意訳】三月末。過ぎ去ろうとしている春を惜しんでいるのは、人間ばかりではないよ。長い旅に­出る私にとっては、鳥が悲しそうに鳴き、魚まで涙を流しているように思える。

元禄2年(1689)3月27日、芭蕉は千住で見送りの人々と別れ、草加を経て、粕壁­(現埼玉県春日部市)で宿泊している。別れに当って「前途三千里」の不安と惜別が去来­した。長旅にはもはや慣れ尽くした芭蕉ではあったが、今回は健康のこと、方角が初の東­北であったことなど、不安材料は多かった。

The end of March. It is not only a human being that regret the spring when I am going to pass. For me who go for a long trip, a bird calls sadly and seems to shed tears to a fish. 

Basho parts from people of a seeing off (1689) in Senju on March 27 for Genroku era two years and, via Soka, stays in Kasukabe (existing Kasukabe-shi, Saitama). Uneasiness and unwilling part of "3,000 future villages" came and went on parting. It was the Basho who finished being already used to a long journey, but it was health this time, and there were many a direction having been first Tohoku uneasy materials.

俳聖  松尾芭蕉 46歳  『奥の細道』元禄2年 1689年 3~9月 教秀 書  
いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。
For that you have always seen my VTR, thanks.  
                                       Kyoushhu (Hideo Matumoto)