草の戸も 住み替はる代ぞ 雛の家
くさのとも すみかわるよぞ ひなのいえ

【教秀意訳】わたしが住んでいた頃は、わびしい草庵だった。新しい住人には、妻も女の子もいるとい­う。おりから、ひな祭りのころでもあり、きっとかわいい人形を飾ったにぎわいのある家­になることだろう。(わたしは旅に出てしまうが・・・)

松尾芭蕉は、門人の河合曽良とともに江戸深川の芭蕉庵から奥州へ旅立ったのが、168­9年3月27日(現在の暦で4月下旬ごろ)、芭蕉46歳の春のことだった。

行程2400kmの旅立ちであり、約5ヶ月間の旅のはじまりである。

When I lived, it was a dreary thatched hut. It is said that there are both a wife and a girl to a new resident. It will be to become a house with the turnout who surely displayed a dear doll in the days of the Doll's Festival from an occasion. (I go for a trip, but it is ...) 

It was about (a calendar, May 16), spring of Basho 46 years old on March 27, 1689 that Basho Matsuo left from a Basho hermitage of Edo Fukagawa for Oshu with Sora Kawai of a pupil.

It is the departure of trip 2,400km, and it is an opening of a trip of about 5 months.

俳聖  松尾芭蕉 46歳  『奥の細道』元禄2年 1689年 3~9月 教秀 書  
いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。
For that you have always seen my VTR, thanks.  
                                       Kyoushhu (Hideo Matumoto)