毛筆 書写1時間目
1.用具の置き場所を確認する。
2.用具の名称を知らせる。
3.下敷きは折れないように下敷きケースに入れることを伝える。
4.消える墨または水に溶ける墨は使用しないことを伝える。(作品用として)
5.筆について、詳しく話をする。
・筆の毛は動物の毛でできていることを知らせる。
・穂先から親指と小指でほぐす。手に白いノリがつく。
・小筆は穂先から定規で1 cm測り、ほぐす。
6.筆の持ち方について説明する。
・大筆の持ち方 筆の根元から7 cmのところを持つ。二本がけという。(そうこう法)
・小筆の持ち方  一本がけという。(たんこう法)
・筆は右手で持つ。
7.筆を持って書く姿勢について説明する。
・右ひじをあげて、左手をおさえて書く。体全体で書く。(けんわん法)
8.墨をつけないで円を書く練習を行う。
・筆の軸を立てて書く。
9.用具のしまい方について説明する
・筆は筆巻に入れる。
・はじめに筆についていたキャップは絶対に使用せず、廃棄させる。